Swift,Objective-Cプログラミング ~ iOS ~

Objective-C,Swift,Apple Watchなどのプログラミング

【iOS Swift ゲーム開発(SpriteKit)入門 #2】シーン作成、背景表示

■背景だけのゲームというかシーンを作成
・SKView
・SKScene
・SKNodeのサブクラス達(SKSpriteNode)

SKNodeはゲームのキャラクタや背景、得点表示や残り時間表示などである。
これらを使って、ゲームのシーンを表すSKSceneを作成する。(タイトルシーン、ゲームシーン、終了シーンなど)
このSKSceneをSKViewに表示すると、端末の画面上に表示される。

1. プロジェクトを作成する
Xcodeの上部メニュー → File → Projectを選択

②下記画面でGame → Nextをクリック

f:id:fjswkun:20150729083802p:plain


③プロジェクト名の設定など。わからない人は画面のとおりに入力する。
f:id:fjswkun:20150729083818p:plain

③任意の場所にプロジェクトを保存する。

④まで終わると下記のようにプロジェクト・ファイルが作成される。

2.ゲームのシーンを作成する。
①新規ファイル追加のメニューから下記画面のとおりに選択

f:id:fjswkun:20150729083834p:plain

②ファイル名を入力。Targetsのチェックは忘れないように
f:id:fjswkun:20150729083849p:plain


③背景を表示するシーンのソースを書く
下記のとおりに入力されたファイルが作成されるはず。

import Foundation

このファイルにシーンの内容を書いていく。
とりあえずは背景だけのシーンを表示するソースを書く。

import Foundation
import SpriteKit

class SampleGameScene: SKScene{
    override func didMoveToView(view: SKView) {
        // 背景の作成
        let background = SKSpriteNode(imageNamed: "sample")
        background.position = CGPoint(x: size.width * 0.5, y: size.height * 0.5)
        background.size = CGSize(width: size.width, height: size.height)

        // ゲームシーンに追加する
        addChild(background)
    }
}

④背景画面用の画像ファイルをプロジェクトに追加
とりあえず、端末のスクリーンショットとかで大丈夫。

適当な画像をもっていなければ、下記からダウンロード。
sample.png - Google ドライブ


3.シーンを画面に表示する。
①GameViewController.swiftにある既存ソースを削除
viewDidLoadメソッドの中身を削除していき、下記のとおりにする。

override func viewDidLoad() {
    super.viewDidLoad()
}

②viewDidLoadメソッドにシーンを表示するソースを書く

override func viewDidLoad() {
    super.viewDidLoad()

    // シーンを作成
    let scene = SampleGameScene()

    // 画面に表示
    let view = self.view as! SKView
    view.presentScene(scene)
}

4.実行
追加した背景画像が表示されるはず。
f:id:fjswkun:20150729084028p:plain

うまく行かなかった人はコチラからダウンロードし実行。
SampleGame.zip - Google ドライブ


ゲームっぽくはないが、ゲームキャラクタの追加などは
背景画像の追加とだいたい同じようにやっていくことになる。

さらに動きをつけたり、タップやスワイプに反応させるのはまた後の話。

【参考情報】
ここに書いている内容をもう少し詳しく知りたい方はコチラ。

SpriteKitではじめる2Dゲームプログラミング Swift対応

SpriteKitではじめる2Dゲームプログラミング Swift対応



iOSアプリ開発未経験の人向け
iOSアプリ開発をはじめたとき最初に買った書籍
【アプリ作成未経験の人向け】
Storyboardを使って画面を作成していく。
手順にしたがって操作していくと、ボタンの作成やWebViewの作成などができる。
アプリって、こんな感じで作るんだというのを体験できる。

Swiftではじめる iPhoneアプリ開発の教科書 【iOS 8&Xcode 6対応】

Swiftではじめる iPhoneアプリ開発の教科書 【iOS 8&Xcode 6対応】

・わかりやすくていい、と聞いた本
立ち読みした感じだと【アプリ作成未経験の人向け】

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【Swift & iOS8.1以降 完全対応】

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【Swift & iOS8.1以降 完全対応】

②を終えたくらいの知識の方向け
・アプリ開発独学中に2冊めに購入した書籍
プログラミング知識はなくても、若干理解するのに時間がかかる程度で、
読み進められるわかりやすさがある。

iPhoneアプリ開発塾

iPhoneアプリ開発塾

③中級者、上級者向け

詳解 Swift

詳解 Swift