読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Swift,Objective-Cプログラミング ~ iOS ~

Objective-C,Swift,Apple Watchなどのプログラミング

【iOS Swift入門 #293】iOS10 画像添付したローカル通知を送信・受信する

Swift Swift3.0 iOS プログラミング

f:id:fjswkun:20161202204331p:plain

はじめに

画像添付したローカル通知を送信・受信する処理を確認します。

これ以降のサンプルは下記記事のサンプルの続きです。
そもそも、iOS10のローカル通知について初めてという場合は↓参照。 swift.swift-studying.com

実装

UNMutableNotificationContentオブジェクトの
attachmentsプロパティに画像のパスを追加してあげればよい。

ローカル通知に画像を添付

コメント「contentsに追加」で

  • 画像のダウンロード
  • 通知内容への画像の添付

を行っています。

アプリ起動し、ボタンタップ
f:id:fjswkun:20161202195045p:plain

ホーム画面で待つと通知
f:id:fjswkun:20161202203548p:plain

3D Touchをすると詳細表示
f:id:fjswkun:20161202211451p:plain

import UIKit
import UserNotifications

class ViewController: UIViewController {

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        let button = UIButton(type: .system)
        button.setTitle("通知追加", for: .normal)
        button.sizeToFit()
        button.center = view.center
        button.addTarget(self, action: #selector(addNotification), for: .touchUpInside)
        view.addSubview(button)
        
        // 通知許可の取得
        requestPermission()
    }
    
    func addNotification(){
        // コンテンツの作成
        let content = UNMutableNotificationContent()
        content.title = "This is title."
        content.subtitle = "This is subtitle."
        content.body = "This is body. \nHello world!"
        
        // 通知の登録
        func registNotification(with content:UNMutableNotificationContent){
            // トリガーの作成(5秒後に通知実行)
            let trigger = UNTimeIntervalNotificationTrigger(timeInterval: 10.0, repeats: false)
            
            // リクエストの作成
            let identifier = NSUUID().uuidString
            let request = UNNotificationRequest(identifier: identifier, content: content, trigger: trigger)
            
            // リクエスト実行
            UNUserNotificationCenter.current().add(request){
                error in print(error?.localizedDescription)
            }
        }
        
        // contentsに追加
        download(url: "http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/f/fjswkun/20151005/20151005235737.png",
                 success: { url in
                    do{
                        let attachment = try UNNotificationAttachment(identifier: UUID().uuidString, url: url, options: nil)
                        content.attachments.append(attachment)
                    }catch{}
                    
                    defer{
                        registNotification(with: content)
                    }
        },
                 failure: { error in
                    print(error)
                    registNotification(with: content)
        })
    }
    
    // ダウンロード処理
    private func download(url:String, success:((_ url:URL) -> Void)?, failure:((_ error:Error) -> Void)?){
        
        guard let url = URL(string: url) else{
            failure?(NotificationServiceError.invalidURLError)
            return
        }
        
        let session = URLSession(configuration: .default)
        session.downloadTask(with: url){
            url, response, error in
            
            if let error = error{
                failure?(error)
                return
            }
            
            guard let url = url else{
                failure?(NotificationServiceError.notExistsContent)
                return
            }
            
            let copyURL = URL(fileURLWithPath: NSSearchPathForDirectoriesInDomains(.documentDirectory, .userDomainMask, true).first!).appendingPathComponent("image.png")
            do{
                try FileManager.default.copyItem(at: url, to: copyURL)
            }
            catch(let error){
                failure?(error)
            }
            success?(copyURL)
            }.resume()
    }
    
    private enum NotificationServiceError:Error {
        case invalidURLError
        case notExistsContent
    }

    private func requestPermission(){
        UNUserNotificationCenter.current().requestAuthorization(options: [.badge, .alert, .sound]){
            granted, errror in
            
            if granted{
                print("notification permission granted")
            }else{
                print("notification permission denied")
            }
        }
    }
}

サンプルのダウンロード

こちらからダウンロード。
SampleLocalNotification.zip - Google ドライブ

参考情報

Swift

iOSアプリ開発未経験の人向け
・Swift初心者の人に評判が良いようですね


・わかりやすくていい、と聞いた本
立ち読みした感じだと【アプリ作成未経験の人向け】

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【Swift & iOS8.1以降 完全対応】

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【Swift & iOS8.1以降 完全対応】


②を終えたくらいの知識の方向け
・アプリ開発独学中に2冊めに購入した書籍
プログラミング知識はなくても、若干理解するのに時間がかかる程度で、
読み進められるわかりやすさがある。

iPhoneアプリ開発塾

iPhoneアプリ開発塾


③中級者、上級者向け

詳解 Swift

詳解 Swift

詳解 Swift 改訂版

詳解 Swift 改訂版


【iOS Swift入門 #292】 iOS10 User Notification frameworkを使ってローカル通知を送信する

Swift Swift3.0 iOS 入門 プログラミング 通知

はじめに

iOS10になって、通知の実装が刷新された。
簡単なローカル通知を送信する処理を実装して、基礎を学ぶ。

この記事を読んでわかること

  • ローカル通知送信方法

実装

通知の送信にはiOS10で追加された、UserNotificationFrameworkを使う。
UserNotificationFrameworkを使って下記2つのことを行うことで、
通知を送信できるようになる。

  • 通知送信許可の取得
  • 通知のリクエスト

通知送信許可の取得

UNUserNotificationCenterクラスのcurrentメソッドを使うと、
シングルトンインスタンスを取得できる。

requestAuthorizationメソッドを実行すると、
通知送信許可に関する確認画面が画面に表示される。
許可 or 拒否をブロック変数で取得することができる。

UNUserNotificationCenter.current().requestAuthorization(options: [.badge, .alert, .sound]){
    granted, errror in
    
    if granted{
        print("notification permission granted")
    }else{
        print("notification permission denied")
    }
}

通知送信許可に関する確認画面 f:id:fjswkun:20161128222419p:plain

通知のリクエスト

下記4つのことを行う。 - 通知内容の作成 - トリガーの作成 - リクエストの作成 - リクエストの実行

// 通知内容の作成
let contents = UNMutableNotificationContent()
contents.title = "This is title."
contents.subtitle = "This is subtitle."
contents.body = "This is body. \nHello world!"

// トリガーの作成(5秒後に通知実行)
let trigger = UNTimeIntervalNotificationTrigger(timeInterval: 10.0, repeats: false)

// リクエストの作成
let identifier = NSUUID().uuidString
let request = UNNotificationRequest(identifier: identifier, content: contents, trigger: trigger)

// リクエスト実行
UNUserNotificationCenter.current().add(request){
    error in print(error?.localizedDescription)
}

通知送信許可を取得した後、「通知実行」ボタンを押す。
すぐにホーム画面に戻り、5秒待つ。
すると、下記の通知が表示される。

f:id:fjswkun:20161128224500p:plain

f:id:fjswkun:20161128224510p:plain

import UIKit
import UserNotifications

class ViewController: UIViewController {

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        let button = UIButton(type: .system)
        button.setTitle("通知追加", for: .normal)
        button.sizeToFit()
        button.center = view.center
        button.addTarget(self, action: #selector(addNotification), for: .touchUpInside)
        view.addSubview(button)
        
        // 通知許可の取得
        requestPermission()
    }
    
    func addNotification(){
        // コンテンツの作成
        let contents = UNMutableNotificationContent()
        contents.title = "This is title."
        contents.subtitle = "This is subtitle."
        contents.body = "This is body. \nHello world!"
        
        // トリガーの作成(5秒後に通知実行)
        let trigger = UNTimeIntervalNotificationTrigger(timeInterval: 10.0, repeats: false)
        
        // リクエストの作成
        let identifier = NSUUID().uuidString
        let request = UNNotificationRequest(identifier: identifier, content: contents, trigger: trigger)
        
        // リクエスト実行
        UNUserNotificationCenter.current().add(request){
            error in print(error?.localizedDescription)
        }
    }

    private func requestPermission(){
        UNUserNotificationCenter.current().requestAuthorization(options: [.badge, .alert, .sound]){
            granted, errror in
            
            if granted{
                print("notification permission granted")
            }else{
                print("notification permission denied")
            }
        }
    }
}

サンプルのダウンロード

こちらからダウンロード。
SampleLocalNotification.zip - Google ドライブ

参考情報

Swift

iOSアプリ開発未経験の人向け
・Swift初心者の人に評判が良いようですね


・わかりやすくていい、と聞いた本
立ち読みした感じだと【アプリ作成未経験の人向け】

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【Swift & iOS8.1以降 完全対応】

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【Swift & iOS8.1以降 完全対応】


②を終えたくらいの知識の方向け
・アプリ開発独学中に2冊めに購入した書籍
プログラミング知識はなくても、若干理解するのに時間がかかる程度で、
読み進められるわかりやすさがある。

iPhoneアプリ開発塾

iPhoneアプリ開発塾


③中級者、上級者向け

詳解 Swift

詳解 Swift

詳解 Swift 改訂版

詳解 Swift 改訂版


【iOS Swift入門 #291】グラデーションしているViewをつくる

Swift Swift3.0 iOS 入門 プログラミング

この記事読んでわかること

  • グラデーションしているViewをつくる

やり方

CAGradientLayerを使う。

このCAGradientLayerで下記の内容を設定してグラデーションを作る。 - グラデーションの方向 - 色を切り替える地点 - 切り替える色

グラデーションの方向

startPointプロパティとendPointプロパティを使う。 startPointからendPointに向かってグラデーションされる。

水平方向にグラデーション

startPointをx=0.0 y=0.0
endPointをx=1.0 y=0.0 にする。

f:id:fjswkun:20161123125302p:plain

垂直方向にグラデーション

startPointをx=0.0 y=0.0
endPointをx=0.0 y=1.0 にする。

f:id:fjswkun:20161123125343p:plain

右下方向にグラデーション

startPointをx=0.0 y=0.0
endPointをx=1.0 y=1.0 にする。

f:id:fjswkun:20161123125430p:plain

色を切り替える地点

グラデーションする方向に向かって、どの地点で色を切り替えるかを指定する。
色を変える地点を0.0から1.0で指定する。
配列で指定する。

切り替える色

色を切り替える地点でどの色に切り替えるかを指定する。
配列で指定する。

垂直方向にグラデーションをさせる。

f:id:fjswkun:20161123125343p:plain

import UIKit

class ViewController: UIViewController {
    var gradationLayer:CALayer = {
        let gradientLayer = CAGradientLayer()
        // グラデーションの方向
        gradientLayer.startPoint = CGPoint(x: 0.0, y: 0.0)
        gradientLayer.endPoint = CGPoint(x: 0.0, y: 1.0)
        
        // 色が切り替わる地点
        let locations:[NSNumber] = [
            0.125, 0.250, 0.375, 0.500, 0.625, 0.750, 0.875
        ]
        gradientLayer.locations = locations
        
        // 切り替わる色
        let colors = [
            UIColor.red.cgColor, UIColor.blue.cgColor, UIColor.black.cgColor,
            UIColor.white.cgColor, UIColor.yellow.cgColor, UIColor.orange.cgColor, UIColor.cyan.cgColor
        ]
        gradientLayer.colors = colors
        return gradientLayer
    }()

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

        // グラデーションの大きさ、位置の設定
        gradationLayer.frame = view.bounds
        
        // グラデーションをViewに追加
        view.layer.addSublayer(gradationLayer)
    }
}

ダウンロード

こちらからダウンロード。
SampleGradationView.zip - Google ドライブ

参考情報

Swift

iOSアプリ開発未経験の人向け
・Swift初心者の人に評判が良いようですね


・わかりやすくていい、と聞いた本
立ち読みした感じだと【アプリ作成未経験の人向け】

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【Swift & iOS8.1以降 完全対応】

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【Swift & iOS8.1以降 完全対応】


②を終えたくらいの知識の方向け
・アプリ開発独学中に2冊めに購入した書籍
プログラミング知識はなくても、若干理解するのに時間がかかる程度で、
読み進められるわかりやすさがある。

iPhoneアプリ開発塾

iPhoneアプリ開発塾


③中級者、上級者向け

詳解 Swift

詳解 Swift

詳解 Swift 改訂版

詳解 Swift 改訂版


【iOS Swift入門 #290】文字列・テキストをUILabelに表示するために必要な領域サイズを計算する

Swift Swift3.0 Swift基本文法 iOS プログラミング 入門

はじめに

文字列・テキストの表示に必要な領域サイズを得るときに、
NSStringやNSAttributedStringクラスの
boundingRect(with:options:context:)メソッドを使う。

このメソッドで得た領域サイズでUILabelを作成し、
文字列をセットし、画面表示してみると、
切れて表示されるということがある。

UILabelに表示できるサイズを得る処理を作った。

この記事を読んでわかること

  • 文字列・テキストをUILabelに表示するために必要な領域サイズを計算する方法

やりかた

ソース

extension String{
    // calculate label size to show
    func size(for label:UILabel) -> CGSize{
        let alabel = label.clone()
        alabel.text = self
        alabel.sizeToFit()
        
        return alabel.bounds.size
    }
}

extension UILabel{
    // clone UILabel object
    func clone() -> UILabel{
        let data = NSKeyedArchiver.archivedData(withRootObject: self)
        return NSKeyedUnarchiver.unarchiveObject(with: data) as! UILabel
    }
}

文字列がぴったり入るUILabelのサイズを得られる。
f:id:fjswkun:20161120122031p:plain

import UIKit

class ViewController: UIViewController {

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        // string
        let str = "Hello, World!!!"
        
        // initialize UILabel
        let label = UILabel(frame: CGRect.zero)
        label.backgroundColor = .cyan
        label.text = str
        
        // calculate label size to show
        let size = str.size(for: label)
        
        // add
        label.frame = CGRect(origin: CGPoint.zero, size: size)
        label.center = view.center
        view.addSubview(label)
    }
}

サンプルソースのダウンロード

こちらからダウンロード。
SampleGetLabelSize.zip - Google ドライブ

参考情報

Swift

iOSアプリ開発未経験の人向け
・Swift初心者の人に評判が良いようですね


・わかりやすくていい、と聞いた本
立ち読みした感じだと【アプリ作成未経験の人向け】

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【Swift & iOS8.1以降 完全対応】

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【Swift & iOS8.1以降 完全対応】


②を終えたくらいの知識の方向け
・アプリ開発独学中に2冊めに購入した書籍
プログラミング知識はなくても、若干理解するのに時間がかかる程度で、
読み進められるわかりやすさがある。

iPhoneアプリ開発塾

iPhoneアプリ開発塾


③中級者、上級者向け

詳解 Swift

詳解 Swift

詳解 Swift 改訂版

詳解 Swift 改訂版


【iOS Swift入門 #289】UILabelオブジェクトを複製・コピーする

Swift Swift3.0 Swift基本文法 iOS プログラミング 入門

はじめに

UILabelオブジェクトを複製したいということがあるかも、
ということでやりかたを調べた。

やりかた

NSKeyedArchiverクラスでNSDataにアーカイブし、
NSKeyedUnarchiverクラスで復元することで、
別のオブジェクトとしてUILabelが作成される

ソース

// Clone UILabel with Swift
extension UILabel{
    func clone() -> UILabel{
        let data = NSKeyedArchiver.archivedData(withRootObject: self)
        return NSKeyedUnarchiver.unarchiveObject(with: data) as! UILabel
    }
}

例:コンソールで確認

// Sample
let label = UILabel(frame: CGRect.zero)
let cloned = label.clone()
cloned.text = "cloned label"
label.text = "original label"

print("\(cloned.text)")  // cloned label

例:画面で確認

import UIKit

class ViewController: UIViewController {

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        // original
        let original = UILabel(frame: CGRect.zero)
        original.backgroundColor = UIColor.black
        original.textColor = UIColor.white
        original.text = "This is original UILabel object"
        original.sizeToFit()
        original.center = view.center
        
        // copy
        let copied = original.clone()
        copied.text = "This is copied UILabel object"
        copied.sizeToFit()
        copied.center = CGPoint(x: original.center.x, y: original.center.y + 50.0)
        
        // add
        view.addSubview(original)
        view.addSubview(copied)
    }
}

extension UILabel{
    func clone() -> UILabel{
        let data = NSKeyedArchiver.archivedData(withRootObject: self)
        return NSKeyedUnarchiver.unarchiveObject(with: data) as! UILabel
    }
}

サンプルソースのダウンロード

こちらからダウンロード。
SampleCloneLabel.zip - Google ドライブ

参考情報

Swift

iOSアプリ開発未経験の人向け
・Swift初心者の人に評判が良いようですね


・わかりやすくていい、と聞いた本
立ち読みした感じだと【アプリ作成未経験の人向け】

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【Swift & iOS8.1以降 完全対応】

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【Swift & iOS8.1以降 完全対応】


②を終えたくらいの知識の方向け
・アプリ開発独学中に2冊めに購入した書籍
プログラミング知識はなくても、若干理解するのに時間がかかる程度で、
読み進められるわかりやすさがある。

iPhoneアプリ開発塾

iPhoneアプリ開発塾


③中級者、上級者向け

詳解 Swift

詳解 Swift

詳解 Swift 改訂版

詳解 Swift 改訂版


【iOS Swift入門 #288】UILabelやUIButtonに表示している文字列のフォントサイズを自動調整させる

Swift Swift3.0 iOS プログラミング 入門

はじめに

UILabelやUIButtonのサイズは固定で、表示する文字列が短かったり、
長かったりと動的に設定される。

その際、文字列が長くて、文字列の後ろが切れてしまう場合、
文字列のサイズを小さくして、(できるかぎり)全ての文字列を表示したい、
という場合があります。

この記事を読んでわかること

  • UILabelやUIButtonに表示している文字列のフォントサイズを自動調整させる

自動調整させるには?

UILabelにはフォントサイズを自動調整させるためのプロパティがある。
これらのプロパティを設定することで自動調整させることができる。

adjustsFontSizeToFitWidthをtrueにすると自動調整が有効になる。
minimumScaleFactorはUILabelに収まらない場合、
どのくらいまで文字列を縮小されるかを0.0から1.0で指定する。

これらのプロパティはIB(Interface Builder)でも設定できる。

なお、UIButtonの場合、titleLabelプロパティから上記プロパティを設定する。

自動調整させない場合

表示できない部分は...でトランケートされる。

ソース

import UIKit

class ViewController: UIViewController {

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        view.backgroundColor = UIColor.lightGray
        
        // UILabelの表示
        let str = "Hello, World!!!"
        let label = UILabel(frame: CGRect(origin: CGPoint.zero, size: CGSize(width: 60, height: 20)))
        label.text = str
        label.center = view.center
        view.addSubview(label)
    }
}

スクリーンキャプチャ

f:id:fjswkun:20161119145208p:plain

自動調整させた場合

全ての文字列を表示できるように文字サイズが縮小される。

ソース

import UIKit

class ViewController: UIViewController {

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        view.backgroundColor = UIColor.lightGray
        
        // UILabelの表示
        let str = "Hello, World!!!"
        let label = UILabel(frame: CGRect(origin: CGPoint.zero, size: CGSize(width: 60, height: 20)))
        label.adjustsFontSizeToFitWidth = true  // 自動調整を有効にする
        label.minimumScaleFactor = 0.5  // 半分の大きさまで縮小させられる
        label.text = str
        label.center = view.center
        view.addSubview(label)
    }
}

スクリーンキャプチャ

f:id:fjswkun:20161119145325p:plain


サンプルソースのダウンロード

SampleLabelText.zip - Google ドライブ

参考情報

Swift

iOSアプリ開発未経験の人向け
・Swift初心者の人に評判が良いようですね


・わかりやすくていい、と聞いた本
立ち読みした感じだと【アプリ作成未経験の人向け】

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【Swift & iOS8.1以降 完全対応】

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【Swift & iOS8.1以降 完全対応】


②を終えたくらいの知識の方向け
・アプリ開発独学中に2冊めに購入した書籍
プログラミング知識はなくても、若干理解するのに時間がかかる程度で、
読み進められるわかりやすさがある。

iPhoneアプリ開発塾

iPhoneアプリ開発塾


③中級者、上級者向け

詳解 Swift

詳解 Swift

詳解 Swift 改訂版

詳解 Swift 改訂版


【iOS Swift入門 #287】関数・メソッドのパラメータにvarを指定できないように変更 [Swift3.0]

iOS Swift3.0 Swift 入門 プログラミング Swift基本文法

関数・メソッドのパラメータにvarを指定できないように変更

Swift3.0以前にこれができることを知らなかった。
変更された理由はvarとinoutが混同してしまうことがあるから。

変更前(Swift3.0からはエラーになる)

import UIKit

// 関数・メソッド内で変更できるが、呼び出し元は変更されない
func sayHello(var name:String){
    name = name + "さん、こんにちは"
    print(name)
}

sayHello(name:"田中")  // 田中さん、こんにちは

変更後

import UIKit

func sayHello(name:String){
    let greeting = name + "さん、こんにちは"
    print(greeting)
}

sayHello(name:"田中")  // 田中さん、こんにちは

inoutの使い方

import UIKit

// 呼び出し元が変更される
func sayHello(name:inout String){
    name = name + "さん、こんにちは"
    print(name)
}

var name = "田中"
sayHello(name:&name)  // 田中さん、こんにちは
print(name)  // 田中さん、こんにちは


参考情報

Swift

iOSアプリ開発未経験の人向け
・Swift初心者の人に評判が良いようですね


・わかりやすくていい、と聞いた本
立ち読みした感じだと【アプリ作成未経験の人向け】

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【Swift & iOS8.1以降 完全対応】

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【Swift & iOS8.1以降 完全対応】


②を終えたくらいの知識の方向け
・アプリ開発独学中に2冊めに購入した書籍
プログラミング知識はなくても、若干理解するのに時間がかかる程度で、
読み進められるわかりやすさがある。

iPhoneアプリ開発塾

iPhoneアプリ開発塾


③中級者、上級者向け

詳解 Swift

詳解 Swift

詳解 Swift 改訂版

詳解 Swift 改訂版